子供の為に保険相談をしよう|評判のいい会社を見つける

早期に家計改善

説明案内

家計診断は健康診断と同じ

健康診断は、病気になってから受けるものではないです。心身ともに健康な時に診断を受けることで、早期に病気を発見して改善させることで、これ以上悪化させないために受けることです。家計相談も健康診断と同じことが言えるのです。生活が厳しくなってしまって、借金に手を染める自己破産しか方法はない、そういった時家計相談を受けるものではないのです。家計相談は、今はそれほど収入も安定していて困っていない、そういった時に受けるものなのです。もし今、結婚していて共働きをしており収入にも満足している状態であれば、一生この状態が続くと錯覚してしまいます。しかし、子供が生まれてこれまで2人で1つの家計を支えていたものが、1人で3人の家計を支えていかなければならなくなるのです。また、現在の運用している資産が預金・貯金のみ、収入は給与所得しかないという場合、いずれ仕事を引退するときがきます。そうなると労働収入が途絶えてしまいますから、これまでの貯蓄で老後をやりくりしていかなければならなくなります。老後資金は3000万円必要とされていますが、仕事を退職してから貯めるのではなく、現役時代からコツコツ貯めていくものなのです。それが分かっているが子育て世代だと養育費や保険で出費が多いです。そこで家計相談です。家計の見直しを行い、特に出費を抑えることができるのが保険です。保険に加入してから一度も見直していないと無駄な保険料を払っているケースが多いです。見直すことで保険料が節約でき、浮いた分を運用に回すなどで家計を改善させることができます。